安心の輪 健康

健康  日々の生活を充実したものへ

厚労省が公開した「平成29年簡易生命表」によると、日本人の「平均寿命」は男性は「81.09歳」、女性は「87.26歳」になります。約30年前の平成元年の時と比べると、男性で5.18歳、女性で5.49歳 平均寿命が延びています。一昔前と比べると、高齢者層の若返り(老化速度の減衰)も見られ、健康水準も高くなってきました。 ですがこのことは、以前よりも中高年でいる時期が長くなったということにもなります。


安心の輪 安心生活

安心生活  ゆとりある暮らしのために用意しておきたい

中高年を迎え、日々の暮らしを安心して過ごすためのサービスにはどの様なものがあるでしょうか。 日々の暮らしに関係のある身近なものでは、防犯・見守りサービスや介護サービス、もしもの時のための保険サービスや、部屋の整理整頓、買い物などを自分に変わって行ってくれる代行サービスなど、多種のサービスが存在しています。安心の輪ではこのような生活に利便性を提供するサービスの紹介や、この他にも弁護士や会計士、司法書士などの行政的サービス、インターネットを利用した、生活が便利になるサービスなどを中心に、生活にゆとりを生む、安心生活を築く上で有用なものや事業所様等を取り上げてご紹介いたします。


安心の輪 住まい

住まい  豊かな暮らしを築く大事な石居

生活を豊かにしていくためのベースとなり、活動の拠点として見ることもできます。 日々の活動を行う上で重要な場所となることが多い住まいですが、生活スタイルの変化や自身の高齢化などにより、家のリフォームや、新たな新築家屋の購入といったケースも出てきます。 住み慣れた家でも高齢になってくると、玄関での出入りや階段の昇り降りなどがきつくなり、バリアフリーの設備で整えた方が住みよくなるためです。 安心の輪ではこれら住まいのバリアフリーやエクステリアに関する情報、リフォーム情報、また、マンションや一戸建ての売買に関する知識と情報などを取り上げて掲載しています。


安心の輪 終活

終活とは何でしょう?終活とは誰にでも必ず訪れる自分の死と向き合い、最後まで自分らしい人生を送るための準備のことをいいます。年齢を重ねるに従い、自身の健康状態だけではなく、「死」というものも感じることが増えてきます。 終活とは若い人たちがこれからの長い人生を思って描くようなものとは違い、すでに完成された現在の生活からあらゆる面で弱ってくる自分の防御をどの様に備えるか的な、より現実的に近い感覚となりますが、現実的な準備ができてこそ、残される家族への負担や心配も減らすことができます。 安心の輪では事前の心の準備のための読本や、宗教に関する情報、遺言書の書き方。後見人・弁護士などの役割、葬儀に関する知識集や葬儀会社のご案内、お葬式情報など事前準備のための情報などお届けしています。


上に戻る