安心の輪 終活

心のせいり  「終わりの心構え」として、人生の終わりを迎えるにあたっての考え方や心の整理の仕方。

普段はあまり意識することのない「心」ですが、人生の終わりというものを考えるに当たっては、心からものの本質を見たり、自分が終わりを迎えるための心構えも必要になります。人生の終わりを迎えるにあたっての考え方や心の整理についての解説本の紹介や、これから終活に取り組む人、心を整理していく人にとって有益な話題を提供します。


安心の輪 終活

死後の整理 自分自身の人生の整理でもあり、家族のためにやっておくべきこと

自分の死後に相続問題や資産問題(自宅や遺品)、場合によっては葬儀やお墓のことなどで、家族が苦労しないように、自分が生きているうちから、もろもろのことを整理しておくことで(生前整理)、自分の死後の整理を遺族が行いやすいようにすることができます。 また遺言書の作成や、後見人を選出するといったことも場合によっては必要となることもあり、自分自身による人生の整理ともなり、重要な終活とも言えます。


安心の輪 終活

老後の生活  高齢になってからの豊かなライフスタイルを築く。

かつて老後といえば穏やかに余生を送ることが幸せと考えられていた時期がありましたが、現在では、男性は80歳、女性は85歳くらいまで平均寿命が延び、仕事をリタイアした後でも15~20年近い人生時間が残るようになってきました。子育てや仕事も一通り終え、区切りもつき、第二の人生を謳歌するということも増えてきました。 老後の生活を豊かに安心して暮らすためには、養老院や介護施設、病院といった施設の利用も考えられます。老後の生活を充実させる様々なものを紹介します。


安心の輪 葬儀

葬式  私らしいお葬式にしたい。

葬儀とは、故人の冥福を祈って成仏を願う宗教儀式のことをさしますが、葬儀は宗教や宗派によって、その形式は様々です。また、超高齢化や核家族化などの現代社会の事情に伴い葬儀も、以前のように3日間かけてお葬式を行うのではなく、式内容を簡略化させて2日間で執り行うお葬式も多く見受けられるようになってきました。葬儀については葬儀を専門に執り行う葬儀会社に依頼して行うことがほとんどとなります。


上に戻る







カテゴリー

家族だけのお葬式の各地域の
「加盟店・葬儀施行店」が
ご覧いただけます。

大阪府

埼玉県